すいみんモグモグ

思っていることを書き連ねるだけのブログ

先輩の話

基本的に遊ぶ友達が毎回同じになってしまう。仲が良いし連絡も頻繁にとるから定期的に遊ぶのは当たり前と言えば当たり前なんだけど、たまには久しぶりに会いたくなる人だっている。

誕生日とかお正月くらいしか連絡を送らないくせに、そのたび「会いたいですね~」とか「遊ぼうね」なんてお互いに送りあって3年がたつ人がいた。このままじゃ一生会わないかもしれないと気付いた私は思い切って会いに行った。

久しぶりに会ったその人はいかにも「東京に住んでるお姉さん」だった。
控えめで内向的で人前に立つなんて出来ません、人と関わるのすら苦手ですと言わんばかりの見た目で一応先輩だったけどあんまり年上の感じがしなかった。それでもどこか波長が合ったのか後輩の私でも親しく接してくれたのが始まりだった。そんな先輩が大学に行って卒業を間近にする頃、私はこれからどうするのかと尋ねた。照れくさそうに「声優とか演技の勉強をしようかなって思ってるんだ」と告白され、度肝を抜かれたのを今でも覚えている。声優??アニメの???アニメとか声優とか好きだったっけ?????頭の中でハテナがいっぱいになって、そのまま先輩を東京に送り出した。こんな思い切ったことをする人だったっけ。

それからお互いごく稀に連絡は取るのものの、会うことはなかった。先輩は先輩で、私は私で新しくなった環境でそれなりに楽しく生きていたから、特に気にしてはいなかった。時々近況を聞くとお芝居の練習とかしてるよと教えてくれるものの、何かを演じて人前に立つ先輩を一つも想像できなかった。

ようやく自分も社会人になってそれなりのお金を手に入れて東京に行くのも金銭面的に楽になった。好きな物を買ったり仲のいい友達と遊んで帰るときに楽しかったと満足した後、なんとなく先輩のことを思い出したり東京に住む他の友達もいたよなぁと思いだしていた。ずーっと会ってないと遊びの誘い方すら忘れてしまうものなのか。いつも遊ぶ仲の良い子ならそんなこと悩む間もなく、自然と遊ぶ流れになったいたから余計。

誕生日の3日後くらいに、先輩にいつ休みですかと送ったら、ちょうど仕事が休みの日と重なった。そして気付けば東京で先輩と待ち合わせをしている自分がいたのだった。

約束の時間をだいぶ過ぎてから現れた先輩は、長かった髪をボブくらいに切り、真っ黒な髪も茶色に染め、可愛らしいワンピースを着ていた。どことなく雰囲気が伊藤万理華に似ていた。そして何よりいい匂いがいしてそのたびどぎまぎしてしまった。

「ここの来るの久しぶり~あれ、ここ来たことあったっけうーん…大学の時?」「あ!ここはなんとなく見覚えがある…?気がする」と話したり、水族館のチンアナゴの水槽を物珍しそうに眺めて喜んだり、水槽の端っこにいる誰にも気付かれないような小さな魚を見つけたりする先輩に少しホッとした。中身は昔と何ら変わらなかった。

ファミレスに入ってメニューを決めている時、随分と迷っているからどうしたのかと聞くと、困った顔でご飯を大盛りにしようか迷ってるんだ、と。背が小さくて華奢だからすっかり忘れていたけど、よく食べる人だった。笑いながら好きなだけ食べてくださいというと嬉しそうに大盛りライスを注文していた。食べながら近況を報告しあった。共通の友達とかの話をしたりダラーっと時間が過ぎていった。声優は諦めたけど、何かを演じたり、曲を作ったりしたいと教えてくれた。最近まで小さな劇団で演技の勉強をしたり舞台に立っていたそうだ。舞台が終わるとたまらなく寂しくなって、もっと出たい、もっとうまく出来たかもと悔しくなるんだと話す先輩はかっこよかった。こんなこと出来る人だったんだと驚いた。

そのあとあてもなく30分くらいフラフラした時、恋愛は相手のことを許せるかどうかで判断する的な話をどこかで聞いたのを思い出した。このあてもなくフラフラしてる時間、人に寄っては絶対イライラしちゃうかもしれないのに、それさえも楽しいし何されても許せるかもしれないとぼんやり考えていた。本屋に立ち寄って音楽関係の専門書を手に取りながらこれからのこととか好きなことを話す姿は、少しだけ恥ずかしそうだけどやっぱり楽しそうで、キラキラしていた。この人を素直に応援したい。そう思えるのは、かつてその人のことを好きだったからなのか。心地よいを与えてくれる電車の中でぼんやり頭でそんなことを考えていた。 

好きな景色

久しぶりの更新です。書きたいと思いつつもなかなか文章をうまくまとめられなくて結局今日は良いやと諦めがちだった。また最近何かしらの文章を書きたいなと気持ちが沸々と湧いてきたから書いてみよう。

 

写真をよく撮るようになった。携帯のカメラも随分進化していて普通に撮ってもきれいに映る。加工もすればたちまちオシャレな写真に様変わりもする。写真を撮ってSNSに挙げていいねされるとやっぱり悪い気はしない。それなりにお金も溜まってきたことだしきちんとしたカメラを買うことにした。
ノスタルジックを感じるよな画像とか写真がとにかく好きで、その1枚で胸の奥がジーンときたり、思わず眺めてしまうような写真を自分でも撮りたかった。趣味の合う友達とそういう所を見つけて遊びに行って写真を撮るって遊ぶをしたけれどとにかく楽しくてしょうがなかった。

今日で8月が終わる。急に涼しくなってしまったし、なんとなく夏も一緒に終わってしまうような寂しい気持ちになりながら帰宅した。夏が終わっちゃうと言いながらきっと明日も半袖を着て出かけるんだと思うけれど、ゆっくりゆっくりゆっくりと秋は確かに近づいている。
季節の中では夏が1番好き。逆に秋は苦手。着る服とかに困るし中途半端に寒いから風邪を引くってのが理由。だけど季節の変わり目は次にやってくる季節にちょっとだけワクワクしながら待ってたりもする。

夏は景色的に大好きで、真っ青な空に入道雲がもくもくと浮かんでるだけでもうれしくなってしまう。外に出ればむわっとした空気がまとわりついてイライラするのが落ちなんだけれど今思えばそれさえも夏の醍醐味だよねーと笑い飛ばせそうだ。

夏、好きな理由はまだあるんだろうけど、今日はおしまい。

スイッチを探せ

明日の自分に感謝されるようなことをしたい。そう思って寝る前に荷物の整理と部屋に脱ぎっぱなしの服を畳んでみた。次の日の朝、ある程度だけど綺麗に片付けられた部屋と既に準備された荷物を見て悪い気はしなかった。むしろ前日の自分にありがとう良くやったぞ〜〜!!と褒めたくなったくらいだ。

この習慣は「深爪式」って本にちらっと書いてあったから真似をしてみた。これだけ見ると「人生がハッピーになる10の習慣」とか「これだけは身に付けておきたい社会の常識」みたいな自己啓発的な何か、なのかと思うけど、実際の中身は作者自身の性体験だとか、日々思っていること(半分が下ネタ)が書いてある下ネタのオンパレードだった。
1文1文の面白くて、でも真面目に語っているから思わず自室で1人ゲラゲラと笑ってしまった。読書で声を出して笑うなんてさくらももこのエッセイを読んでいる時以来だ。

赤裸々に性のことを語る作者。性に限らず色んなことをオープンに書き連ねていて少し羨ましくなった。ここまでオープンに自分をさらけ出せたら良いなと思いつつも、どこか躊躇してしまう自分もいる。その癖他人の人生とか考え方を綴ったものが好きだから面白そうなエッセイがあれば手に取ってしまうのだ。

ちなみに「深爪式」を読んでもう1つ印象に残ったのは、どうして女性は化粧をするのかについて語られたページ。
作者曰く、化粧は気合いを入れるためのスイッチの役割を果たしているとのこと。さらにもう1つ同じ役割を持っているのがブラジャーであると作者は言う。装着すれば気持ちが引き締まりやるぞ~!!とパワーがみなぎり、外せば解放感とようやく1日が終わったと実感できるアイテム。ただ胸の大きさとかをごまかすアイテムだけじゃない。
あ~~~分かる。分かるけど実際あんまりやらない。1度着けたら風呂入るまでほとんど外さないもん。だけど外した時の解放感はよ~~く分かるので試しに仕事から帰ってきたあとフォックだけ外した。

楽。解放感に満ち溢れた。これがオンとオフの切り替えか~と身をもって体感。
社会人になってからというもの、毎日仕事のことで、いっぱいいっぱいになっていた時期があった。帰宅後もその日の失敗とか嫌なことを、思い出しては落ち込み、思い出してはハァーとため息をついていた。

そんな日々を繰り返していたらたった数週間で心身ともにおかしくなった。休みの日でさえもずっと仕事のことで頭が支配されていた。
完全に切り替えが出来ていない。最近はそこまで引きずることも減ったし、ようやく自分の趣味を楽しみながら生活できるようにまで復活した。
そこで思ったのが、オンとオフの切り替えって大事~~~!!!ってことだった。だから尚更作者のオンオフの切り替え方に興味を持ったし、なるほどって思えたんだと思う。

読んでいて、たくさん笑えたし元気になれた。その上、役に立つなぁと思えることもたくさん収穫できたから元気貰いたい人は是非。

作者も言ってたけど、男性はこの解放感を味わえないんだなぁって脱ぎ捨てられたブラを見て思ったのだった。

 

 

深爪式 声に出して読めない53の話

深爪式 声に出して読めない53の話

 

 

 

 

人生のテーマソング

「娘の家出」という志村貴子さんの漫画が好きだ。私はその漫画を定期的に読み返す。1つ1つの話で主人公が変わり、全ての登場人物と話は繋がってる。だからその繋がりに気付いて人間関係が見えて話が進んでいくと、なるほどそういうことか~!とかそう来たか~!と何だか楽しくなる。

この漫画(志村貴子さんの漫画は大体そうなんだけど)といえばセクシャリティーを扱った内容が特徴だ。私はその辺のことも含めて大好きで思うこともたくさんある。でも今回は一旦置いておこう。

私がセクシャリティー以外で印象に残ってるのが、曲名がタイトルになっていることだ。1巻に「勝手にしやがれ」ってタイトルの話があった。その話の最後に「この曲(勝手にしやがれ)はね私の人生のテーマソングなの」とある。シンプルなページにも拘らず読み返すたびこのページを眺めてしまう。
他の話も何かしらの曲名が使われていて、おそらく主人公の気持ちとか環境とか状況を表しているんだと思う。

人生のテーマソングって座右の銘みたいでかっこいい。頑張りたい時はこの曲を、テンションを上げたい時は…ゆったり落ち着きたい時は…とかその時の気分で聞く曲を変えることはよくある。けれど自分の人生でここぞという時に流したい曲とか、この歌詞のような考え方を見習いたいと思う曲って何だろう。

自分の中で大事だと思える曲を探せたら良いなぁと「娘の家出」を読むたび思うのだった。

何もしなくても日は昇る

どれだけ嫌だ!って思っても朝は来るから早く寝たほうが次の日楽だってやっと学んだ社会人です。朝は少しでも長く寝たいのに夜はちょっとでも起きたいって思うのは何故でしょう。やりたい事もやりつつ早く寝るのが1番良いよね。

学生の時はこの世の終わりみたいな顔で電車に揺られながら学校行ってたのに今ではパッと起きて自分で運転して職場まで行ってる。早く寝るようになっただけでこんなにも変わるの?!ってびっくりしながらも内心今日も早く寝る…寧ろもっと早く寝てやるからなって決心してる。

大体私のやりたいことって本読んだりTwitterしたりこうやって頭の整理したりする程度だから布団でも全然出来ちゃう。

いざ寝る時は音楽流しながらにして寝たりもする。最近は高橋優の「明日はきっと良い日になる」を聞きながら寝る。聞き過ぎて一種の自己暗示かなって思ってる。高橋優の曲は歌詞がいいのでゆったり元気貰いたい人にはオススメです。

ラジオも聞きながらうだうだもする。人が話してるのが好きなんだなぁって最近になって気付いた。しょうもない会話も好きだし為になる事を聞くとお得な気分になるし。なんとなく心地よくて聞くけど途中で大抵寝落ちはする。

そんなこんなで今日もまた何もしなくても日は昇るだろうと思うのでこの辺で寝たいと思います。